「はじめてのRuby on Rails5」サポートページ

このページは「はじめてのRuby on Rails5」(工学社より2016年11月7日発刊、ISBN978-4-7775-1978-1)のサポートページです。


重要事項

「Rubygemsにつながらない!?」という問題(Windows)

[解説] Ruby on Railsで必要なソフトウェアは、Rubygemsというシステムによりインターネット上のレポジトリ(専用のファイル配信サイト)から「gem」というコマンドでダウンロードします。
しかし最近リポジトリにアクセスするための認証データが「古い」というので、接続できないことがあります。これは我々のせいではありません。接続・ダウンロードとインストールを管理するためのソフトウェア「rubygems」のバージョンが古いからです。
 この問題は特にWindowsで多く起こります。なぜなら、Windowsではrubyの実行環境をrubyの開発チーム以外の有志が開発提供しているからです。本書でも用いている「RubyInstaller」というプロジェクトが代表的です。そのWindows用のrubyパッケージの中にあるrubygemsが古いと、上記の問題が起こります。
 しかしせっかくWindows用rubyを提供してくれている人を恨んではいけません。この問題は解決できます。「rubygems」の開発者が提供している最新のソフトウェアを入手してこれだけアップデートすればいいのです。rubygemsそのものはrubyスクリプトなので、「Windows用」かどうかという区別はありません。

[実践]以下のWebサイトから「rubygems」の最新版をダウンロードします。

https://rubygems.org/

図1 「RubyGems」のホームページはこんな様子

「Install RubyGems(rubygemsをインストールする)」というボタンを押すと、スクリプトのダウンロードページに行きます。(上の図を押してもなにも起こりません。実際のサイトへ移動してください)
図2のような画面が出ますので、Windowsで扱いやすい圧縮形式「ZIP」をクリックしてください。(図2を押してもなにも起こりません。実際のサイトへ移動してください)

図2 作業したいフォルダ上に貼り付け

たとえば、「rubygems-2.6.8.zip」というファイルが得られますので、展開して同名のフォルダを生成させてください。

では、コマンドプロンプトで、この「rubygems-2.6.8」というフォルダに行きます。
コマンドを以下のように打ってください。

ruby setup.rb

メッセージがバラバラ出てきて「エラーか」とびっくりしますが、変更履歴や使い方ですので大丈夫です。
図3 こんな感じでインストール完了

筆者はこれで接続拒否の暗闇から抜け出しました。


このサイトのトップへ